自分を認める

コーチとして、母として、いつもお伝えしていることがあります。

「誰かを応援したいなら、まずは、自分のことをしっかりと認めてあげてください」

すごく頑張っているのに、まだ結果は出せていなくとも、小さな努力を継続できているのに、「自分なんてまだまだ」「全然できてない」と、自分を認めてあげられない人は多いように思います。

目標が高い、向上心がある、などと言うことができるのかもしれませんが、『できていることまで否定している』ことにもなりかねません。

困ったことに、この自分に対する厳しい基準が、子育ての中で我が子に、職場で部下に、同じような、厳しい目線を向けさせてしまうのです。

そう、認めてあげられない。

言葉では、「頑張ったね」と言っていても、心の中に、「いや、まだまだやれるはずだよね」「まさか、そこで満足していないよね」なんて考えがあると、それが、言葉の端々に、態度に、意識していなくとも出てしまっているのです。

それは、残念ながら、相手に伝わってしまいます。

そして、自分自身にも、「どうせできない」と決めつけてしまい、「頑張ってるじゃん、大丈夫だよ」と言ってくれる『誰か』を求めてしまう。

少し前ですが、『よみうり進学メディア』という新聞が、一都三県の公立中学校の2、3年生に配られました。

写真は埼玉版ですが、東京版、千葉版、神奈川版があり、全部で60万部ほど発行されたそうです。それら全ての共通記事として、私の記事も掲載していただきました。

内容は、まさに、『自分をきちんと認めてね』ということ。

大切な人への言葉がけ、そして、「ちゃんと、自分を、褒めてあげてる?」を、今一度、振り返ってみたいですね。

★WEBサイトでもご覧いただけます。

関連記事

  1. わが家でできるコーチング

  2. 受験ムード、高まる頃

  3. あれから一年

  4. 新中学生へ。『心が戻れる場所』

  5. 新中学1年生の皆さんへ・埼玉新聞

  6. 受験生の悩み相談室

お問い合わせCONTACT

M・COACHINGでは、
【企業研修】【経営者のためのコーチング】【教育事業】の3つの柱で、
人材育成をサポートします。

お問い合わせはこちら